【社会】働かせ放題」は財界要求。安倍首相、国民の命と生活犠牲に【自民党】

1
参院厚生労働委員会で採決強行がねらわれている「働き方改革」一括法案。その柱である「残業代ゼロ制度」(高度プロフェッショナル制度)は、労働者の要望ではなく、財界・大企業の要求であることが国会審議で明らかになりました。労働者の命と健康を犠牲にする「働かせ放題」の制度をもくろむ財界いいなりの安倍政権の本質が浮き彫りとなっています。

「残業代ゼロ」10年来の野望
 「高プロは、産業競争力会議で経済人などから意見があり、取りまとめられた。経団連会長から高プロを導入すべきと、ご意見いただいた」

 6月25日の参院予算委員会で安倍首相は、高プロに労働者のニーズがあるのかと問われ、財界要求に応えたものだと語りました。

 「残業代ゼロ制度」は、財界・大企業による10年余の野望です。

 経団連が「残業代ゼロ制度」の導入を最初に求めたのは2005年6月。「ホワイトカラー・エグゼンプション」(エグゼンプションは除外の意味)という名前で、年収は400万円以上。高プロより幅広い一般労働者が対象でした。競争力強化の名で労働時間に関係なく働かせる制度を求めたのです。

 同年9月に第1次安倍政権が発足すると検討を開始。しかし、「残業代ゼロ制度」と大きな批判をあびて国会提出を断念し、政権ごと崩壊しました。

12年に第2次安倍政権が成立すると、労働者代表を除外した産業競争力会議で「残業代ゼロ制度」の導入を14年に決定。15年4月に「残業代ゼロ」法案を提出しました。

 名前を「高度プロフェッショナル制度」と称して実態を隠そうとしたものの、国民・労働者の反対にあい、審議入りもできないまま17年9月に衆院解散で廃案となりました。

 18年になり、「過労死ライン」容認の残業上限とセットで出し直したのが、「働き方改革」一括法案です。

 衆院厚労委で安倍首相が出席して質疑を行った5月23日。安倍首相は、官邸前で座り込んだ過労死遺族の面会要請を一顧だにせず、東京・銀座の日本料理店「東京吉兆」で経団連歴代会長と会食に向かいました。

 中西宏明経団連会長(日立会長)は6月25日、「高度プロフェッショナル制度は必要な制度だ。日本企業の生産性を向上させるという挑戦だ」と述べ、生産性向上のために高プロ導入を強く求めました。

ねつ造とウソで固めた法案
 「働き方」法案は、財界の要求を実現するために、法案作成の前提となるデータや調査をねつ造とウソで塗り固めたものです。

 「法案の出発点」とされた労働時間データは、ねつ造や異常値が発覚し、2割を削除。再集計しても加藤勝信厚労相が「数値に変動がある」と認めざるをえず、信用性は完全に失われています。

 加藤氏は「法案の位置づけは変わらない」(19日)と強弁するしかできません。

 法案提案理由の「労働者ニーズ」の唯一の調査とされるわずか12人のヒアリングは、すべて法案作成後に行われた「後付け」で、立法事実をでっち上げたものでした。

 ウソで塗り固めても本音は隠せません。

 産業競争力会議で高プロ導入を主張した派遣大手パソナの竹中平蔵会長は、「時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人に残業代という補助金を出すのはおかしい」(「東京」21日付)と語り、狙いが「残業代ゼロ」であることを明かしました。対象者についても「拡大していくことを期待している」と明言しています。

論拠破たん 廃案しかない
 ウソで固めた法案は破綻し、ボロボロとなっています。

 高プロで「自律的に働ける」としていた安倍首相は26日、「労働時間を画一的な枠にはめる発想を乗り越える」と答弁。長時間労働の歯止めを外すことが目的だと明らかになりました。

 高プロ対象者は「裁量」があることが要件だと強調するあまり、加藤厚労相は「このミーティングに出なさいとなれば該当しない」(5日)と答弁。会議のない業務などありえないのに支離滅裂な答弁に陥っています。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-27/2018062701_04_1.html

2
見込み残業代(笑)
3
定時になったら進捗状況に関係なく帰ればいいだけ
15
>>3
君の定時は7時から24時です。
早く帰ったら、早退扱いで給料から引くか、らね
これができるのが、高プロ
4
鬼畜自公
5
自分で選択できるんだろ
嫌なら選択しなきゃいい
7
問題は高プロの定義と範囲
まあ、プロと言われるほどの労働者などそんなにいなよ
だから社畜なわけで
9
国会議員も国民の過半数が幸せで豊かで貯蓄率と
出生率が回復するまで休みなしで働けばいいじゃない
公務員も同じ条件で残業代なしで24時間結果を出す
まで働けばいいんじゃない?
14
年収400万円以下で自民党に投票してるのは間抜けだろ
18
>>14
何処に投票しても同じです
武力の無い世界では何が一番強いか知ってるか?
金だよ、金

今高プロに反対してる野党も、政権になった瞬間に銭で懐柔されてオシマイ

17
おまえらやっと気がついたか
財界と庶民の生存を懸けた戦いなんだよ
24
100年後にめっちゃばかにされる法案になるぞ

経済が悪化するだけ

30
フリーランスが捗る時代になりそうだな。

人に使われることを極力避ければいいんだよ。

32
最強のデフレ政策だな
なんせ働いても給料もらえないんだから
時給の低下レベルの話じゃない
33
はっきり言うと、外国語を学んで、海外に行ったほうがいい。

それほど、日本企業の競争力や国際的地位は高くない。

41
政治家も高度にプロフェッショナルなはずなんですがねぇ?
46
>>41
この法律は公務員は対象外なんだって…
48
>>41
> 政治家も高度にプロフェッショナルなはずなんですがねぇ?

だったらダメな政治家をクビにしろ!

そのためには他の有能な候補者を当選させるしかないぞ。

43
まあ、従来の管理職ではなく
高プロ専門職名目で長時間働かせようということなのか?
まあ、中間管理職なんてのは
企業内ガバナンスのためのもので本当はいらないからね
中〜下管理職を専門職に置き換えて組織をスリム化する
もちろん大したスキルがないので流動性など生じないんだけどね
45
人は恐怖に弱い
51
>>45
その戦略を使い続けると、反応がどんどん鈍くなる傾向が強まって、
長期でみると、凄く高コストなんですよね。飴と鞭戦略とも言いますけど。
飴なしの鞭って、ほぼ効果なくなると思いますけどね。

日本でよく言う「空気読め」って、この件に適用すれば、
要するに日本企業は先がないって意味でしょう。早い話が、辞めろと。

52
>>51
いや、彼の言いたい事は、多分だが、飴だけ舐めてる奴が居る、って事だと思うぞ
47
確かに係長や課長になれば、散歩しても年収一千万以上を約束されているからな
係長や課長になって何するかと言えば、何もしない
そんな連中を放り出したいのは、企業だけじゃ無く実際働いている人間もだろう
あいつらがいなくなれば生産性も上がり、生産手当増えるだろうし
61
次の世界同時株安で日本は終わりだよ、財政破綻確実
62
日本企業は5-10年後にはコアな競争力の全てを
損なっていたりするのかもしれないな
出来る人から出て行くと思う
72
まあもらった金以上の仕事は拒否するけどな
80
4年後には、介護士や保育士も高度プロフェッショナルに該当するようになる。
81
リアル働いたら負け
82
そもそも安い外人入れまくってる時点で給料上げる気ないから

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加