thumbnail

【IT】グーグルは「URLがない世界」をつくろうとしている【企業・業界】

1
グーグルの「Chrome」ブラウザが10歳になった。まだ子どもと言っていい年齢だが、Chromeはその短いながらも波乱万丈な人生において、たくさんの大胆な変化を生み出してきた。

Chromeの開発チームは、細部の改良よりも大局的な問題に取り組もうとする傾向がある。新しいヴァージョンへの自動更新の強制や、暗号化されていない通信の排除などはその一例だ。結果として導入された機能には賛否両論があるものの、Chromeは次の10年を見越して、これまでで最も議論を呼びそうな挑戦を始めようとしている。URLをなくそうというのだ。

ネットユーザーなら誰もが毎日使っているであろうこの文字列は、正確には「Uniform Resource Locator(統一資源位置指定子)」と呼ばれる。URLは、DNS(携帯電話のアドレス帳のようなものだ)に従って、ブラウザーを正しいIPアドレスに導く役割を果たす(ちなみにIPアドレスとは、インターネット上でサーヴァーを特定するためのものだ)。

専門的なことは省いて簡単に言うと、『WIRED』US版の記事を読むには、ブラウザーのアドレスバーに「wired.com」と入力すればいい。こうすることでユーザーは、ルーティングのプロトコルや数字の羅列といったものにかかわらなくて済む。

ネットの世界の拡張に伴い、URLも複雑さを増している。何を意味するのかわからない構成要素が増えたし、リダイレクトや短縮URLといった新しいサーヴィスも登場した。またモバイルデヴァイスでは、そもそもアドレスバーに十分なスペースがないため、URL全体が表示されることはほとんどない。

現行のURLの表示方法に「異議」
そして、こうした混乱がサイバー犯罪者たちに利用される事態が起きている。無害なサイトを装って、フィッシング詐欺や悪意のあるファイルをダウンロードさせるといった罠が横行しているのだ。原因のひとつは、ユーザーがURLからこうした偽物のサイトを見抜けないことにある。そこでグーグルが立ち上がった、というわけだ。

Chromeのエンジニアリングマネージャーのアドリエンヌ・ポーター・フェルトは、「URLを理解するのは本当に大変です」と話す。「読み方がわからないのです。どの部分なら信頼できるのかも不明ですし、一般論として、URLがウェブサイトを識別するための優れた方法だとは思えません」と語る。

「グーグルは現在、誰でも簡単にサイトを判別できるようなシステムをつくろうとしています。ネットを利用する際、自分が見ているものは何なのか、それを信じていいのかといったことを、ユーザーがきちんと判断できるようなシステムです。ただ、そのためにはChromeがURLをどの段階でどのように表示するかという点において、大きな変更を施す必要があります。わたしたちはサイトを識別するための正しい方法を考えていく上で、現行のURLの表示方法に異議を唱えようとしているのです」

しかし、URLに代わるシステムなど存在するのだろうか。頭を抱えたくなるのは当然で、誰もがそう思っている。研究者たちは過去何年にもわたり、URL以外の選択肢はないか模索を続けてきた。

ポーター・フェルトと同僚のジャスティン・シューは、Chromeの開発チーム内部にもさまざまな意見があると説明する。そして現時点では、具体的にどのような選択肢が検討されているのかということすら明らかになっていない。

わずか数週間で廃止された代替システム
グーグルが目指すのは、セキュリティとアドレスの整合性を強化し、同時にスマートフォンなどでのリンクのシェアといった一般的な利用をより便利にすることだ。これに向けて、現在はURLがどのような場面で使われているのかを洗い出そうとしているという。

Chromeチームでエンジニアリング担当ディレクターを務めるパリサ・タブリーズは次のように語る。

「代替システムをどうするかについては、議論を進めている段階です。唯一わかっているのは、Chromeがどのような提案をするにしても、確実に異論が出てくるということです。古くから使われていて普及もしているオープンプラットフォームを変えようとすると、必ず起こる問題です。どのようなかたちで現れるかはわかりませんが、とにかく反対意見があるでしょう。ただ、誰もが現状に不満を感じている以上、解決に向けて何かしようとすることが重要です。いまのままのURLではだめなのです」
https://wired.jp/2018/09/09/google-wants-to-kill-the-url/

6
そもそも、殆どの場合においてURLなんて読まないよね
そして馬鹿は怪しいメールのリンクに引っかかる
10
>>6
リンクをする前には絶対URL確認するだろ…
24
>>10
みんながリテラシー高いわけじゃないし、URLが何なのかも理解してない人がほとんどだろ
7
グーグルのクローム

10年前の発表直後に、試しでインストールしてみたけど、軽くはあったな
しかし当時からユーザーの情報を勝手にグーグル送っているっていう話があって
恐くて、とても使えなかった
その後、ユーザーのフォルダーやファイル構成のデータを勝手に
グーグルに送っているという情報もあったな

スマートフォンでは、ユーザーが位置情報の表示や履歴を切っても
それには関係なく、勝手にグーグルに位置情報を送り続けているという
報告もあった

今はまだ開発途上とはいえ、やがてはグーグルの AI がそれらの情報を
処理して、ユーザーの購買を誘導するとも言われている

ユーザーはクロームを端末アプリとして利用しているつもりかも知れないが
グーグルにとっては、ユーザーそのものが端末なんだろ

とにかくグーグルのクロームは、恐くて使えないわ

13
>>7
おまえみたいなビビリの小心者はネット環境がない無人島に住めばいいんだよ
11
身元照会、人一倍してくるくせに何言ってやがる
79
>>11
だな
たかがフリーメールくらいで鬱陶しい
12
じゃあどうやって偽サイト見分けるんだよ
怖くてどこにもいけないやん
20
俺も短縮URLは踏まないわ。
何なのかさっぱり分からないからな。
21
つまりこうだ
全てのページは検索によって探し表示される
URLは見ない打ち込まない
ページは全てGoogleのパラメーターで識別されるw
26
 
× グーグルは「URLがない世界」をつくろうとしている

〇 グーグルは「URLを使わせない世界」をつくろうとしている

27
住所とか電話番号、でもいいんだよね本来。
イタ電とかなければ。
31
ちょっとよくわからないです
34
ざっと読んだ感じでは紛らわしいURLを用いたフィッシング詐欺の問題に言及しているように思いますね(;^_^A・・・
URLを用いてダイレクトにウェブサイトへアクセスする以前に何かもう一段認証機構を設けようとか、そういう話じゃないかと思います。
38
フィッシング詐欺を例に出し紛らわしいURLがあると言う
それがなぜURLをなくそうに繋がるのか
逆だろ

紛らわしいURLが問題なら紛らわしくない表示をすればよろしい
つまりでっかいフォントでURLをフル表示できる小さなボタンをブラウザに付ければいい

40
スマホでurl見るやつなんてゼロ、これだろ
偽装はブラウザでブロック、Gmali使ってたらそこでもブロック
www世界を制覇
45
URLを「読むのが難しいから」という理由で改変しようと言うのは無理がある気がする
要はドメインの新たな基準を作ろう、じゃないの?
なんか日本語ドメインが流行りだした頃を思い出すね
46
今の若い奴らってそもそもブラウザを使わんらしいな。
使うのはスマホアプリだけ。
URLなんて意識すらしたことなさそう。
49
有害サイト排除してから頼む
51
サイト行くにはgoogle様からしか
行けないとか、ジャイアンかよ。
53
適当にリンク踏むやつに読みやすくしましたよは関係ないからな
62
すべて自社の検索を通さないとアクセスできないようにする作戦の一環
普通に考えてグーグルはクズ
64
>>62
そうだな

すべてのネットは自分とこで管理したいんだろ
中国みたいにな

68
ふーむ
悪い方に考えると
IPアドレスの登録制でフィルタリングしたいのか?

YOUTUBEみたいに アカ停止とか出来るしな

73
>>68
たぶん「URLのない世界」というスローガンが分かりにくいのであって、
単純に「意図しない接続先にアクセスしないにはどうすれば良いか?」というアイデアを議論してるのではないでしょうか(;^_^A?

その議論の途中でURLが悪者みたいに言われる段階にいるのかなと。
議論の途中経過を輪切りにして「URLのない世界」という表現で報告されているので意味が分からないんだと思います。

もっとも、その程度の混乱は読み手のオツムで解決できる話だろうとは思いますが(笑)

69
良い事
76
人間が理解しやすくするためにDNSが誕生したが、それすら理解させまいとするgoogle、
そしてその罪を築き上げたのは、url補完等の利便さを追求してきた我々なのかもしれない
81
まだ10年なのか
ちょーむ とか ちょろめ ってなんぞって言ってたのもっと昔だったような気がする

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加