thumbnail

【飲食】カフェで起業する人がだいたい失敗する理由【国内問題】

1
「カフェ経営」に憧れる5つの理由

 長年、「人生80年時代」と言われてきたが、最近は「人生設計100年」と言われる。会社員の定年が60歳から65歳に伸びても、いつのまにか、ゴールが20年遠ざかった。年金も当てにできず、「悠々自適」は大半の人にとって無縁の世界だ。

そんな時代性を反映して、早めに人生のステージ(舞台)を移り、好きなことを仕事にしたい意識が高まっている。その代表例の1つが「カフェの起業」だ。拙著『20年続く人気カフェづくりの本 茨城・勝田の名店「サザコーヒー」に学ぶ』でも詳しく解説しているが、カフェ起業の動機は、次の5つに集約されるだろう。

(1)もともとコーヒーやドリンクが好きで、いろんな店に行っていた
(2)人と会うことも、話すことも好きなので、それらを生かせる仕事をしたい
(3)会社員として勤めるのではなく、自分の思いを反映した“城”を持ちたい
(4)店や仕事を通じて、何らかの形で自分を「表現」したい
(5)カフェやレストランに(社員やアルバイトで)勤めて、飲食の奥深さに目覚めた
 上記(4)以外の理由は、昔も今も変わらない。たとえば昭和時代には、男性経営者(マスター)や、女性経営者(ママ)が切り盛りする個人経営の喫茶店(個人店)が人気だった。男性は、コーヒー好きが高じて店を出した例や、“のれん分け”で独立した例も多い。女性の場合は、夫や周囲の人に勧められて店を出した例が目立った。

 今より資金が少なくても開業できた時代だ。取材では、当時を知る業界関係者から「昭和時代の2度にわたる“石油ショック”で、勤め先の経営が傾いたのを機に独立した人も多かった」という話も聞いた。

 昭和時代の「喫茶店」が「カフェ」(※)となり、「マスター」や「ママ」が「オーナー」や「バリスタ」や「パティシエ」に変わっても、起業の動機はあまり変わらない。

 ※筆者はカフェ取材を始めた約10年前、「喫茶店」と「カフェ」の違いを調べ、関係者に聞き続けた。結論は「ほぼ同じ」「店主の好み」「カフェのほうが現代的なイメージ」だった。これは今も変わらない。

昔と今とで違うのは、修業年数だろう。前述した“のれん分け”は、オーナーの店で15年や20年働いた従業員が認められて、同じ店名や別の店名の店を出す――という例だ。それが「徒弟制度」がほぼ崩壊した現在は、数年程度で独立する例も多い。インターネットの浸透で、世界中の情報が安く手に入るようになったのも、それに拍車をかけた。

 ただし飲食店は開業も多いが廃業も多く、“多産多死の業態”だ。カフェに関しては裏づけとなる調査データがないが、業界では「3年持つ店は半数」ともいわれる。

 「新規開業パネル調査」(2011〜2015年。日本政策金融公庫調べ)によれば、飲食店・宿泊業の廃業率は18.9%となっており、全業種平均(10.2%)に比べて倍近い。同調査は、ホテルや旅館など宿泊業(調査時期的に“民泊”例は少ない)を含む数字だが、実質は数の多い飲食業を反映した数字といえそうだ。

■早期「閉店」に追い込まれる共通項

 開業して数年で廃業に追い込まれる理由を2つ挙げてみたい。

 (1)「自分の城」の理想形にこだわりすぎる

 (2)「収支計画」や「採算管理」が甘い

 (1)は「ロマン」、(2)は「ソロバン」の話だ。具体的に考えてみよう。
以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171224-00200982-toyo-bus_all

2
「私のお店開店」がゴールだから
3
単なるブーム
16
>>3
それw
20
個人経営でコーヒーチェーン店と戦うのはシンドいだろ
21
コーヒーにこだわるなら軟水器使わないとダメ。
軟水器付けてない店は論外だわ。
22
不動産持ってて立地がいいなら、悪くはないかもね
賃貸借りて建物代かけてランニングコスト高いとかなり大変だろうな
25
俺みたいに安く済ませたいやつも通ぶったやつもコーヒー飲みたきゃ自分で淹れるだろ
そうするとわざわざ店に行くのはその店の雰囲気が好きとかって理由だろ
好みが合う客なんて限定されるし、自分にぴったりだって客もそうそう毎日入り浸りってわけにも行かないだろ
26
個人経営の喫茶店で採算軌道に乗せようとするとリアルな知り合いが
店の周辺に300人はいないと厳しいらしい
27
実家が農家で古民家カフェやってるのは長続きしてる
駅近で店舗借りてやったら死ぬだろw
32
マスターが面白くない。
こっちは仕事途中で立ち寄りたいのに隠れ家になってない。
狭すぎたり広すぎたりする。
機器はなんだかすごいの並んでいるが、、、、、おいしくねぇ。
何を頼んでも味が変わらない。(鬱
401
>>32 機器はなんだかすごいの並んでいるが、、、、、おいしくねぇ。

そ〜! それそれww

38
甘めの計算で、客単価1000円の原価率3割で一日20人来客するとして粗利は1万4千円/日。
月間25日開店するとして、一月の粗利35万円。ここから家賃と光熱費を引くと、オーナー
一人で全てやってもかろうじてワーキングプアレベルの収入を確保できるくらいか。

土地と建物を自分で所有してる人が趣味でやるくらいしか考えられないな。

40
個人経営店は贔屓客見つけなきゃすぐ潰れる
自分から探して見つけてくれるような人って少数派だからな
そういう連中に気に入られて贔屓にされてなんぼ
拘りが薄いやつはチェーン店で満足するから
42
>>40
常連客が溜まる店は二度と行かない
49
>>42
分かる、あの余所者感マジ最悪
48
昭和の脱サラブームの焼き直しかと
あのときも脱サラして喫茶店、蕎麦打ちとかやってたな
50
ガストで山盛りポテト食ってた方が読書や勉強時間に使える
320
>>50
ガストは油臭いので長時間いるのは無理だなあ
52
世間体のために見た目だけカフェ
中身は投資専門ってのをやりたい
54
雰囲気の良い喫茶店見つけても一回か二回行ったら潰れてること多いわ
常連になるほど通う店ってのはおしゃれとかこだわりのコーヒーを出す店じゃないんだよな
近所の爺さん婆さんが朝からモーニング食いに来るような店のほうが長く続く
スウィーツOLとかインスタ蠅が集まってくるような店は結局長続きしない
71
カフェに限らないけど店舗借りてる場合は数年でキツくなる
少々辺鄙な場所でも初期投資がかかっても持ってる土地や家でやったほうがいい
76
>>71
カフェを本業にやってこうなんて無理
自営の人が自分の私有地を使って片手間でやるもの
83
道楽でやるものだよね
84
逆に成功する方達の共通点とは?
諸条件が同じな方々限定で
85
>>84
92
>>84
マックブックを持って行かないと長居できないようなフインキ作り
98
>>84
田舎で自宅兼店舗
都会ならビル所有者が空き物件を埋めるように開店とか
122
ビジネスだと思うから赤字になるのはまずいなんて考える
趣味ってのは金がかかるもんだ
123
自宅に喫茶店風の離れでも建ててそこで店主気分でコーヒー飲んでりゃいいのにな 商売にして食っていこうとか欲かき過ぎ

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加