thumbnail

【経済】4割が借金300万円超え…大学院に進んだら一生ビンボー暮らしです【気になる年収の話】

1
かつてエリート候補生と呼ばれ羨望の的だった大学院生だが、いま彼らの台所事情は非常に厳しい。借金を背負い、大学にポストはなく、民間企業も拾ってくれないという三重苦にさいなまれているのだ。

収入200万、借金600万
「学部よりも偏差値の高い大学院に頑張って入学して、なんとか周りに食らいついて博士課程まで進みました。学部時代の同期は『お前が大学の先生だなんて勉強したんだな』ともてはやしてくれるのですが、現実はそんなに明るくありません。

いまの仕事は、大学で働けているだけ幸せなほうですが、指導教授の研究の手伝いをして、たまに非常勤の授業を持って、年収は200万円ちょっと。

社会保険もなく、残ったのは大学院の奨学金として借りた600万円の借金だけ。いまの給料では、とても返せる気がしなくて……」

このように不安を打ち明けるのは、都内の大学院で理系の博士課程を修了し、将来的には大学の教授職を目指す中野信二さん(仮名・29歳)だ。

末は博士か大臣か――。かつては輝かしい将来を嘱望される存在だった博士課程の学生の未来に、重苦しい暗雲がいま垂れ込めている。

そんな大学院生の実態を明らかにしたのが、文部科学省直轄の国立試験研究機関である「科学技術・学術政策研究所」(NISTEP)が2018年2月末に公表した最新の調査だ。

この調査によると、博士課程を修了した課程学生(留学生や社会人でない学生)の、じつに61.6%に学資金としての借り入れがあることが判明したのだ。

また、冒頭の中野さんの例のように借入金も高額になる傾向があり、借入金の額が300万円以上になっている学生も全体の42%に達している。

奨学金といえば聞こえはいいが、つまるところただの借金。もちろん利息のかかるものもあり、社会に出てから大学院修了生にかかる返済の負担はとてつもなく大きい。

大学院生の金銭的な問題について、教育ジャーナリストの松本肇氏は次のように語る。

「大学院生の経済状態はかなり深刻で、文系と理系で多少の差はありますが、生活費や学費も含めて修士課程では2年間で600万円、博士課程では3年で900万円のおカネが必要と言われています。

特に法科大学院を出るには1000万円近くのおカネがかかります。さらに学位論文の作成や研究に必要な書籍代などを捻出しようとすれば、加えて年間30万円程度の支出も避けられません」

試験監督や授業補助など、大学院生のために設けられたアルバイトもあるが、その金額は普通のバイトに毛が生えた程度。授業料と併せて生活費までまかなうにはとうてい足りない。

「日本学生支援機構」(JASSO)によると、’12年度から’16年度にかけて、自己破産を選び、奨学金の債務などを免れた件数は8108件にのぼるという。

この数字には学部時代の奨学金が返済できなかった人も含まれるが、研究職という夢を追いかけていたら、かさんだ学費を返済できず、自己破産に追い込まれるケースが散見され、あまりにも世知辛い。

借金をしてでも、学生時代にきちんと勉学に励めばそれなりの見返りが得られる、そう信じる学生も多いかもしれない。実際、大学教授の年収は、所属学部や年齢によってばらつきがあるが、おおむね900万〜1400万円と高水準である。

だが問題なのは、研究職で成功するのは、博士課程を修了した優秀な学生の、そのなかでもほんの一握りであるということだ。

2年間の修士課程(博士前期)を終え、3年の博士課程に進み、修了した学生の進路は大きく分けて二つある。民間企業に就職するか、「ポスドク(ポストドクター)」と呼ばれる研究員として大学に残り、研究を続けるかのどちらかだ。

ポスドクは任期制で、おおむね教授や准教授の研究をサポートしたり、大学での講義支援を行ったりするのが主な仕事だ。これを3〜5年ほど勤めたのち、大学講師や准教授などのポストに就くことが研究職の理想的なキャリアパスとなる。

だが、そう一筋縄ではいかないのがポスドクの現状だ。KDDI総研リサーチフェローの小林雅一氏は次のように語る。

「ポスドクという名の不安定かつ低賃金な契約雇用期間が10年以上続く研究者もなかにはいて、30代から40代になっても研究職ポストが与えられないまま過ごさざるを得ない人もいます。

おまけにポスドクは教授の研究支援などに追われ、自分のしたい研究を進められないのがつらいところです」
以下ソース
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54972

15
俺の知り合いでも、
ICUを出て、三菱東京UFJに入行したが
すぐ辞めて、早稲田の大学院に行った奴がいたよ。
母子家庭なんだが、なんだか母親の男友達に
学費を出させて、それが贈与か貸付金か揉めているそうだ。
それで、そういつ今度は、凄いお嬢様と結婚して
準備金だけで1億数千万貰えるとかいっていたが
どうなったんだろ?
大学院、この3月で終了したはずだが、
あいかわらず法律事務所で下働きしているのかな?
あそこでバイトをしても弁護士になれるわけでもないし。
まぁしょうがない男だよwww
37
>>15
ん?どこかで聞いた話だなw
84
>>15
大学院は一橋だろ
28
工業高校を出て職人やってる人の方が生涯賃金が上回るんだろな。
35
借金も大変だけど、大学院ってのが高収入に直結しづらいのが問題だよなあ。
58
300万が返せないてどうゆうことよ
年間50万返せば6年で返済終了じゃん?
62
>>58
就職口がない
博士は頭固いから企業の研究開発には使えない認識
塾予備校とかかな
61
ポスドクの受け皿が大きすぎるバイオ系が不幸な院生を増やしている。
63
Fラン大学の院出て博士でございますなんて言われても困るよ
66
>>1
たった300万の借金がどうして一生を左右するのかわからないが
年収200万とかおかしいよ あまりにも低すぎるどうしてこうなった?
107
>>66
大卒も増えたけど院卒も増えたということじゃね?
大卒、院卒でなければならない仕事が増えていないのにもかかわらず
88
まさしく俺の事www
子どもの頃から博士になるのが夢だったけど、こんな現実が待っているとは思わなかったよ
89
200万しか稼げない仕事してるのがおかしいと思う
92
>>89
いや、マジでさ、大学で研究職に就きたい場合はそこで踏ん張るしかほぼ方法がないのさ
公募で教職に行きたい場合でも論文を何本か書いてないとダメだから実験施設がないとなんともならないからさ
この安さなんとかしてくれwww
136
>>92
踏ん張ってもそもそも枠がないんでしょ
知り合いも講師掛け持ちして食いつないでいるわ
104
大学も外国人が多すぎる
田舎の私立なんか生徒の半分が外国人のとこも少なくない

私立大学なんか半分ぐらい潰した方がいいよあんなの
必要ない

111
>>104
なにか外国人がいるといいことあるんだろうか
123
>>111
教員と公務員の仕事作りたいだけ
129
>>111
経済はいろんな国との交流だからね
国としてコネを作っておく必要があるわけ
だから受け入れるし受け入れてもらう
116
アメリカはもっと悲惨だぞ
学費が高いから大学出るまでに10万ドル以上借金する奴は多い

ポストが足りないのはどこでも同じ
非正規で年収2万ドル以下の奴は多い

288
>かつてエリート候補生と呼ばれ羨望の的だった大学院生だが、

聞いたことないんだが、いつの話だ?w

296
大学には目的を持って入りましょう
ただはいっただけでは
いくらいい大学出ても底辺だ
320
普通に働いてりゃ30までに完済できるだろ
322
元取るとか考えたら院行くより留学した方がいいよ
324
自衛隊に入れ
以上

※但し、満27歳未満に限る。

335
大学院なんて金持ちが行くところでしょ元々
338
貧乏人が借金して大学行くのはすげーギャンブルであることを義務教育で教えとけよ。
352
派遣だって働いて家のローン組んで子育てもしてること考えたら
600万くらいかえせないわけないでしょうが
この人生涯車の一台も買えない人生送るわけ???
357
どうせ変なプライドがあって仕事を選り好みしてるんだろ
たかだか数百万の借金で一生貧乏とかどんだけヘタレなんだよ

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加